オリックス銀行カードローンの手続き内容

限度額が上がるごとに金利が下がる優れた内容が人気となっているオリックス銀行カードローンは、自宅から来店不要で申し込みが出来ることでも注目を集めています。

 

 

銀行のカードローンは店舗への来店が必要であったり、必要書類が多いなどのイメージを抱かれる方が多いものですが、オリックス銀行カードローンは手軽な本人確認書類があれば手続きができ、希望額300万円までなら所得証明も不要となるため、面倒な書類の用意も必要なく契約が出来ます。

 

契約後の借り入れはカードでATMで、またはインターネットでの振り込み融資でと何かと便利であり、契約後なら借りたいときにすぐに借りられるようにもなっています。

 

自宅からの手続きにも難しい点はありませんが、オリックス銀行カードローンを利用するなら基本的な内容や知っておくべき点と、そもそものカードローンの基礎も理解しておくべきなので、以下の内容をよく確認しておきましょう。

 

口座開設不要で手続きがシンプル

銀行のカードローンの場合、申し込み手続きが大変だということが、しばしば欠点として挙げられます。例えば、返済用の口座は必ずその銀行の口座でなければならず、返済用の口座を借り入れまでに開設しておかないといけなかったりします。また、そもそも、口座を開設して何かしら取引をすでにしている人でないと、申し込みすらできなかったりもします。

 

しかし、オリックス銀行の場合は、口座が無くても申し込みが可能です。その上、借り入れまでに口座を開設する必要すらありません。口座が無いのにどうやって返済するのかと気になる人もいるでしょうが、口座引き落とし以外にも、ATMを使った直接返済や、オリックス銀行への振込による返済にも対応しているので、困ることはありません。

 

いろんな銀行の口座を作ってしまうと、それだけ維持管理の手間もかかります。少数の口座だけで分かりやすくシンプルにお金の管理をしたいと考える人には、オリックス銀行カードローンは適しています。また、カードローンを使ったことが無いので、ちょっと試してみたいだけという人にとっても、時間のかかる口座開設手続きを省けるのは大きな魅力でしょう。

 

なお、カードローンを使ってみて、オリックス銀行が気に入ったのなら、後から口座を開設することも、もちろん可能です。口座を開設するかどうかは、臨機応変に判断するといいでしょう。

 

来店不要とする銀行のカードローンは少なくありませんが、口座開設が不要となる商品は決して多くはありません。使いもしない銀行口座を開くのも面倒ですが、オリックス銀行カードローンなら口座開設が不要となるので安心です。

 

余計な手続きがいらないのもオリックス銀行の評判の良さと言えるのです。

 

心当たりのない審査落ちの原因

特に思い当たる理由がないのにカードローンの審査に落ちてしまうことがあります。延滞もなく、他社借入も問題ないのになぜか審査落ちになってしまう場合には、意外な原因が隠れている可能性があります。

 

過去に長期延滞による契約解除や債務整理を行ったことがある人は、5年ないし10年間は原則としてカードローン審査に通らなくなります。しかし、その期間が経過したあとでも、過去の延滞や債務整理で審査落ちになってしまうケースがあります。実は5年や10年で消えるのは信用情報機関が持っている信用情報のみです。

 

過去に契約解除されたり、借金を債務整理した当事者の会社には、その記録が残り続けていることがあるのです。これは社内のみで閲覧されるデータなので、どう扱うかはその会社が決めています。過去に長期延滞や債務整理をした会社でないかどうかを確認してみましょう。

 

それでもあてはまらないという場合には、銀行カードローンのみの場合ですが、保証会社をチェックしてみましょう。銀行カードローンの保証会社には信販会社や消費者金融が入っており、審査にも加わっています。過去にこれらの会社で上で述べたような金融事故を起こしている場合も、保証会社の保証が受けられないとして審査落ちになってしまうケースがあります。

 

銀行のカードローンでは保証会社が審査を行うため、基準に満たないと審査落ちとなってしまいます。審査の内容や基準は明らかにされていませんが、一般的なメガバンクは厳しく、規模によって審査の基準も段々と下がるといわれています。

 

ただ、借りられれば優れた条件となるのはメガバンクであり、特に最短即日融資も可能なみずほ銀行の借り入れはスペック面で人気が高くなっています。